新着

配信決定!『ロリエ・ゴドローと、あの夜のこと』

インフォメーション スターチャンネルEX 編集部
配信決定!『ロリエ・ゴドローと、あの夜のこと』
映画『Mommy/マミー』の人気映画監督、俳優グザヴィエ・ドランが手掛ける初のTVドラマ、早くも日本初上陸!ドラン自身が脚本・監督・製作・出演を務め、30年前に起きた事件とそれにかき乱される家族の姿を描いた究極のサスペンス・ドラマ、スターチャンネルEXにて独占日本初配信決定!
動画配信サービス「スターチャンネルEX」では、日本でも高い人気を誇るカナダ出身の映画監督、俳優グザヴィエ・ドランが手掛ける初のTVドラマ、『ロリエ・ゴドローと、あの夜のこと』を2月24日(金)より独占日本初配信することが決定いたしました!

1991年、ケベック州の郊外。ラルーシュ家のジュリアン、妹のミレイユと、向かいに住むゴドロー家のロリエは仲良し3人組だった。しかし、ある夜の事件を境に3人の人生は一変。ミレイユは秘密を抱えたまま町を離れ、家族と距離を置いていた。それから約30年。母マディが危篤という連絡を受け、ミレイユが帰郷し、ジュリアンとパートナーのシャンタル、次男のドゥニ、ドラッグのリハビリ施設から出来てばかりの末っ子エリオットら家族が再び集まることに。そして、マディが残した予想外の遺言が引き金となり、葬り去られていた嘘と秘密に翻弄されることとなる。はたして“あの夜”いったい何が起きたのか―。

カナダ・ケベック州出身のグザヴィエ・ドランは、19歳で発表した長編デビュー作『マイ・マザー』をはじめ、『胸騒ぎの恋人』、『わたしはロランス』がカンヌ国際映画祭で上映され、2014年には『Mommy/マミー』で審査員賞、2016年には『たかが世界の終わり』でグランプリを受賞するなど、同映画祭から高い評価を受けていることから“カンヌの申し子”の異名を持つ天才監督として、話題作を発表し続けてきました。
 
そんなドランが初めて手掛けるTVドラマとして注目の『ロリエ・ゴドローと、あの夜のこと』。同名舞台が原作の本作では、ドラン自身が脚本・監督・製作・出演を務め、30年前に起きた事件とそれにかき乱される家族の姿が、過去と未来を行き来しながらサスペンスフルに描かれています。

本年度サンダンス映画祭インディーエピソディック部門に見事選出され、世界中から注目を集めている話題のドラマ・シリーズ『ロリエ・ゴドローと、あの夜のこと』は、動画配信サービス「スターチャンネルEX」にて2月24日(金)より配信開始となります。ぜひお楽しみください!

『ロリエ・ゴドローと、あの夜のこと』 公式ページはこちら!

《グザヴィエ・ドラン監督コンプリート特集》
また、本ドラマの配信を記念して、動画配信サービス「スターチャンネルEX」では、2月にグザヴィエ・ドラン監督コンプリート特集の配信が決定!グザヴィエ・ドラン監督作全8本と出演作1本の合計9本を一挙にお届けいたします。
今回の特集では、「母と息子の衝突」というドラン監督映画に欠かせないテーマの原点となる長編デビュー作『マイ・マザー』をはじめ、作中でアスペクト比を変えるという大胆な手法で、閉塞感と未来への期待感の対比を見事に映し出しカンヌ国際映画祭審査員賞を受賞した『Mommy/マミー』、果てしない会話劇を通して家族の衝突と対話を描き、カンヌ国際映画祭グランプリに輝いた『たかが世界の終わり』のほか、俳優として出演し、演技者としての魅力を発揮した『神のゆらぎ』など計9本を配信いたします。グザヴィエ・ドラン作品の魅力にどっぷり浸れる、貴重なコンプリート特集をぜひお見逃しなく!

<配信中>
『マティアス&マキシム』『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』
<1月25日より配信>
『たかが世界の終わり』『Mommy/マミー』『胸騒ぎの恋人』『マイ・マザー』『神のゆらぎ』
<2月14日より配信>
『わたしはロランス』『トム・アット・ザ・ファーム』
配信中作品はこちら
『ロリエ・ゴドローと、あの夜のこと』
原題:La nuit où Laurier Gaudreault s'est réveillé
動画配信サービス「スターチャンネルEX」にて2月24日(金)より配信スタート!
© Fred Gervais

この記事をシェアする

関連する記事

注目のキーワード

バックナンバー