新着

『IT'S A SIN 哀しみの天使たち』主演のYears & Yearsのオリー・アレクサンダーから特別インタビューが到着

解説記事 スターチャンネルEX 編集部
『IT'S A SIN 哀しみの天使たち』主演のYears & Yearsのオリー・アレクサンダーから特別インタビューが到着
英エンパイア誌 、 英ガーディアン紙それぞれが選ぶ 2021 年テレビ作品第 1 位という二冠に輝くなど勢いが止まらない『IT'S A SIN 哀しみの天使たち』。主演のオリー・アレクサンダーが日本のファンに向けたインタビューに答えてくれました。自身の音楽活動名義"Years & Years"でも新アルバムを発表するなど、ますます活動の幅を広げている彼にとって、この作品はどんな意味を持つのかーー。

目次[非表示]

  1. 90年代生まれのあなたから見て、80年代はどのような時代でしょうか?
  2. 英国にとって80年代とはどのような時代だったのでしょうか?
  3. 当時、LGBTQ+の人々の人権は尊重されていませんでしたか?
  4. このドラマが英国で放送開始された後、HIV検査数が記録的な伸びを見せたそうですね。社会現象を巻き起こした作品だと言えると思います。この作品が、今の時代に放たれる意味についてあなたの考えを教えてください。
  5. 役柄と、自分の人生がリンクする部分はありましたか?
  6. 具体的にはどういたった部分でしょうか?
  7. リッチーを演じた経験は、新しいアルバムやアーティストとしての活動に影響を与えましたか?

90年代生まれのあなたから見て、80年代はどのような時代でしょうか?

私が子どもの頃、80年代というのは、“ダサいファッションや髪型の時代”と言う見方が一般的でした。でも、90年代から2000年代前半に子ども時代を過ごした私個人的には、80年代はスーパークール(とってもかっこいい)だと思っていました。自分が体験できなかった時代ですからね。エレクトリック・ミュージック(電子音楽)やシンセサイザーなど、ぶっ飛んだ文化が主流でしたし、インターネットが普及する前、本格的なデジタル時代が始まる前ですから、そういった意味でもノスタルジーを感じますし、愛着を感じます。

英国にとって80年代とはどのような時代だったのでしょうか?

英国の80年代といえば、マーガレット・サッチャー(首相)で、彼女は、緊縮財政政策を推し進め、英国社会はその影響を大きく受けました。ですから、国自体は貧しかったのですが、社会的・経済的な活動自体は活発でした。ゲイのコミュニティにとって80年代は、非常に重要な時代だったと言えます、もちろんHIVの蔓延がその主な理由です。

80年代の当初、HIVという病気に対して一般社会は誤解や偏見を持っていましたし、また、ゲイやクィアであることの意味を知ったり、彼らに対する理解もまだ進んでいませんでした。“恐れ”が時代を包んでいた、と言えますね。

当時、LGBTQ+の人々の人権は尊重されていませんでしたか?

そうですね、保護というものは殆どありませんでした。

このドラマが英国で放送開始された後、HIV検査数が記録的な伸びを見せたそうですね。社会現象を巻き起こした作品だと言えると思います。この作品が、今の時代に放たれる意味についてあなたの考えを教えてください。

社会現象が起こることや、実際に放送される時期に今の様なコロナの状況になっているなんて、撮影段階ではキャスト・スタッフは誰も予想できませんでした。コロナという社会状況があってもなくても、このドラマが伝えるHIVのストーリー、そして、当時HIVがLGBTコミュニティに与えた影響を伝えるこのドラマの本質は変わりません。

ただ、放送がコロナ禍と重なったことで、英国人はこのドラマをより自分ごととして受け入れることができたと思っています。今、皆が死に至るウィルスの蔓延を体験しているからです。もちろん、(コロナの影響は)当時HIVが与えた影響とは異なるのですが、とはいえ、80年代HIVの脅威にさらされていた人々について、自分ごととして考えやすくなったのではないでしょうか。

このドラマは、英国内で大きな反響を呼び、様々な意見も交わされました。HIV検査キットの1週間の注文数が、史上最高を記録したり。とにかく、これだけの反響があったというのは、信じられない事ですね。

役柄と、自分の人生がリンクする部分はありましたか?

(役柄の)リッチーと私自身は似ている部分が多いと思います。役者を目指している点、18歳の時にロンドンに移住した点、大きな夢を持っている点など。そのような部分はまさにリンクしています。

リッチーは、一角の人物になりたいと思っています。演技をしたり、ステージに立って輝きたいのです。それもまさに私が持っていた夢と重なる部分です。もちろん、彼とは違う部分もあるんですが、そういう部分でさえも、例えば、リッチーの言動の理由など、理解するのはとても容易でした。

具体的にはどういたった部分でしょうか?

リッチーは常に隠し事を持っている人です。自分のセクシャリティ(性的傾向)を家族に隠していたり、HIV陽性診断を受けた時は、仲間たちにそれを隠していました。現実をそのまま受け入れようとしない人なんですね。

そういった傾向の大きな原因は、自分のセクシャリティに対する恥の感情だと思います。だから、自分をオープンに表現することができない。その感情は、私が若い頃に持っていたものと同じなんです。私自身も、ゲイである自分が嫌で、自分ではない他の誰かになろうとしていました。

リッチーは、グループの注目を浴びるためにジョークを言ったりします、それは、自分の本心を隠すことが目的なのですが、私も以前はそのような行動をよくとっていました。その部分は彼に特に共感できますね。

また、彼は時々とても自己中心的な言動をとるのですが、そんな時は彼の仲間たちが彼を諭してくれるんですね。リッチーは仲間たちのことを愛しているんですが、彼らに対して失礼な態度をとることがあるんですよ。そういった彼の部分に関しては、私個人的にはちょっとうんざりしましたね。仲間達に対する思いやりに欠けている部分とか。なぜなら、私自身はもっと思いやりのある人間だと思っているので(笑)

とはいえ、私にとってリッチーの一番の魅力は彼の複雑な人間性ですね。まあ、人は誰でも複雑な内面を持っているものですけど。ただ、そういう複雑さを感じられるというのは、ドラマの中のゲイのキャラクターとしては珍しいと思うんですよ。

リッチーを演じた経験は、新しいアルバムやアーティストとしての活動に影響を与えましたか?

大いに影響を受けました。『IT’S A SIN 哀しみの天使たち』というドラマでリッチーを演じることは、アーティストとして、私がこれまで持っていなかった創作プロセスを私に与えてくれました。音楽を作り、ツアーを回る活動とは全く別の体験でした。

陽気なリッチーというキャラクターの役作り、ですね。彼は、とにかく人生を謳歌したい。おしゃれが重要で、いろんな人と寝たい、グループの中心でありたい、そんな人です。

役作りは簡単ではありませんでしたが、とても楽しかったですよ。撮影現場で80年代の素晴らしい音楽をよく聴いていたのですが、そこからインスピレーションや、やる気を得ることができました。このドラマのストーリーが持つ強力なメッセージ性にも影響を受けましたし、とても素敵な撮影チームや共演者からの影響ももちろんあります。ドラマの様々な要素から、とても良い影響を得ることができました。
『IT'S A SIN 哀しみの天使たち』
原題:IT'S A SIN

(c) RED Production Compan & all3media international

この記事をシェアする

関連する記事

注目のキーワード

バックナンバー