新着

【公式】ハンニバル

海外ドラマ スターチャンネルEX 編集部
【公式】ハンニバル
北欧の至宝マッツ・ミケルセン主演!『羊たちの沈黙』のレクター博士を主人公に描くTVシリーズ。完璧かつ華麗なる殺人鬼の素顔を新たなストーリーで描く衝撃のサイコ・サスペンス

目次[非表示]

  1. イントロダクション
  2. ストーリー
  3. キャスト&スタッフ
  4. 加入方法
狂気か、それとも美学かー
史上最も残酷な殺人鬼が奏でる死のフルコース 
語られなかったレクターの悪の根源を描く衝撃のサイコサスペンス!

イントロダクション

映画『羊たちの沈黙』の主人公ハンニバル・レクターを描く衝撃のサイコサスペンス
表の顔は紳士的で完璧主義の精神科医。その裏の顔は冷酷なサイコパス…。『ハンニバル』は、映画 『羊たちの沈黙』で世界的人気を博したトマス・ハリスのサスペンス小説“ハンニバル・レクター”シリーズにインスパイアされたオリジナル・ストーリー。レクターの誕生秘話を描く『ハンニバル・ライジング』から、レクターがFBI捜査官ウィル・グレアムに逮捕される『レッド・ドラゴン』までの空白を埋める、オリジナルストーリーである本作は、一流精神科医として名声を博すハンニバル・レクターが、連続女性誘拐殺人事件の捜査でFBIに協力しながら本性を覗かせていく姿を、宿敵である天才プロファイラー、ウィルとの息を呑む駆け引きを通じて浮き彫りにしていく。

キャストも豪華な顔ぶれ
“北欧の至宝”とも称される実力派俳優で映画『007/カジノ・ロワイヤル』で悪役ル・シッフルを演じたマッツ・ミケルセンが、端正なルックス、知的でエレガントな身のこなし、さらに異常なほど潔癖で凶悪な犯罪者であることすら感じさせないハンニバル役を怪演。また、天才プロファイラー、ウィル・グレアム役にヒュー・ダンシー(『お買いもの中毒な私!』)、ジャック・クロフォード役にローレンス・フィッシュバーン(『マトリックス』)という豪華な顔ぶれとなっている。

エピソードタイトルにも注目!
本作の各話につくエピソードタイトルは、シーズン1ではフランス料理のコースに登場するメニュー、シーズン2では日本の懐石料理をベースにしたタイトルとなっている。続くシーズン3では、全13話のうち、最初の7話がイタリア料理をベースにしたエピソードタイトルとなっているが、残り6話のタイトルはイギリスの画家ウィリアム・ブレイクの作品名となっており、トマス・ハリスの小説「レッド・ドラゴン」へ続く物語を予感させる…。

ストーリー

若い女性が殺害される連続殺人事件の捜査に行き詰まったFBI捜査官のジャックは、犯罪プロファイラーのウィルに捜査協力を要請する。だが事件解決の兆しが見えた矢先に模倣犯による殺人事件が起きてしまい、ジャックは精神科医のハンニバル・レクター博士にも協力を依頼することに…。

キャスト&スタッフ

ハンニバル・レクター
演: マッツ・ミケルセン
声: 井上和彦

天才法医学精神科医と被害者の人肉を食す連続殺人犯の2つの顔を持つ。FBIの捜査に協力する一方で、秘密裏に犯罪を犯している。

ウィル・グレアム
演: ヒュー・ダンシー
声: 浪川大輔

殺人現場を頭の中で再現できる天才プロファイラー。その才能を買われジャック・クロフォードから実際の連続殺人のプロファイルを依頼されるが、捜査を進めるにつれ犯行現場の悪夢に取りつかれ精神不安定になっていく。

ジャック・クロフォード
演: ローレンス・フィッシュバーン
声: 玄田哲章

FBI行動科学科の課長。ウィルとレクター博士の協力を得ながら“過去最悪の”連続殺人事件を追う。頭脳明晰な彼は捜査の指揮権を握り、決してウィルやレクターの話を鵜呑みにはしない。

アラナ・ブルーム
演: カロリン・ダヴァーナス
声: 佐古真弓

元心理学教授のFBIコンサルタント。公私にわたりウィルを支える。

ビバリー・キャッツ
演: ヘティエンヌ・パーク
声: 長尾明希

FBI行動科学課の一人でジャックの部下。繊維を専門分野としウィルの捜査を手伝う。凄惨な殺人事件の現場に立ち会っても物怖じしないドライな女性。

スタッフ
製作総指揮: ブライアン・フラー(『HEROES/ヒーローズ』)、ジェシー・アレクサンダー(『LOST』、『HEROES/ヒーローズ』)ほか
監督: デヴィッド・スレイド(『エクリプス/トワイライト・サーガ』) ほか

加入方法

『ハンニバル』
原題: HANNIBAL
動画配信サービス スターチャンネルEX にて配信中!

© 2013 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.

この記事をシェアする

関連する記事

注目のキーワード

バックナンバー