僕らのままで/WE ARE WHO WE ARE

海外ドラマ スターチャンネルEX 編集部
僕らのままで/WE ARE WHO WE ARE
『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督が自ら監督、脚本、製作総指揮を務めた初のTVシリーズ。アイデンティティの探求やジェンダー、人間関係、家族などの身近なテーマを、イタリアの夢のような景色のなかで、胸を締め付けられるような痛烈さと共に描いた青春ドラマ

目次[非表示]

  1. イントロダクション
  2. ストーリー
  3. キャスト&スタッフ
  4. WE ARE WHO WE ARE RADIO
  5. 著名人からの推薦コメント
  6. 予告編ほか関連動画
  7. 記事コンテンツ
主人公を演じるのは『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』や『シャザム!』など話題作での活躍が続くジャック・ディラン・グレイザー。美しい景色とともに俳優たちの瑞々しい演技が光る。

イントロダクション

ルカ・グァダニーノ監督がテレビドラマに初挑戦!カンヌ国際映画祭・監督週間でも選ばれた期待作
『君の名前で僕を呼んで』、『サスペリア』など数々の話題作で世界を驚かせ続けるルカ・グァダニーノ監督がテレビドラマに初挑戦。アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞ほか、名立たる賞レースでのノミネート、受賞歴を持つ監督自ら脚本、監督、製作総指揮を務めた本作は、コロナウィルス感染拡大の影響によりあえなく中止とはなったが、2020年のカンヌ国際映画祭・監督週間にも選出されるなど、アメリカでの放送前から期待が集まった注目作。描かれるのは、監督のこれまでの作家性が凝縮されたような、10代の少年少女のままならない青春、そして苦悩だ。手書き風のタイポグラフィ、スローモーションやPOVなど挑戦的なシーンも多数あり、2020年代を代表する1本となるだろう。

テーマは10代の少年少女のアイデンティティの模索
これまで悩める10代の苦悩と成長に向き合ってきたグァダニーノ監督らしく、物語の主人公は14歳の少年・フレイザーだ。軍人の母、そして母の妻とニューヨークからこの地にやってきた彼は、新しい環境になじもうという気力があまりない。そんな中、隣に住む同年代の少女・ケイトリンと出会い、二人は次第に友情を育んでいくが…。ふたりの少年少女を中心に、それぞれのキャラクターが自分が本当は何者なのかを明らかにすることの複雑さに悩み、模索する姿が丁寧に描かれる。

“第2のティモシー・シャラメ” ジャック・ディラン・グレイザーほか、10代のキャストの輝く演技
『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』で過干渉な母親と暮らす少年・エディ役など子役時代から華々しい活躍を見せるジャック・ディラン・グレイザーがオーディションを経て主人公・フレイザー役に抜擢。子役の印象が強い彼も17歳を迎え、これまでとは違った大人と子どもの中間で揺れ動く10代を見事に演じている点に注目したい。そして、もうひとりの中心人物・ケイトリン役にはイタリア出身の新人、ジョーダン・クリスティン・シモンが挑戦。瑞々しい二人の若手俳優の表情から目が離せない。『KIDS/キッズ』でセンセーショナルなデビューを果たし、90年代のユースカルチャーのアイコンとしても知られ、最近では『デッド・ドント・ダイ』での活躍が記憶に新しいクロエ・セヴィニーがフレイザーの母親役、ラッパーや音楽プロデューサーとして有名なキッド・カディがケイトリンの父親役を演じるほか、マーティン・スコセッシの娘で俳優のフランチェスカ・スコセッシが主人公たちの同級生として登場し歌声を披露するなど、魅力的なキャストたちの活躍にも期待が集まる。

人気音楽プロデューサー、ブラッド・オレンジがオリジナルスコアを担当
イギリス・ロンドン出身のアーティスト、デヴ・ハインズことブラッド・オレンジが本作のオリジナルスコアを担当。リズミカルで切ない曲調でキャラクターの心の動きを美しく彩るほか、ジョン・アダムズ、デヴィッド・ボウイ、プリンス、ケンドリック・ラマーなど、様々なアーティストの曲を作中で採用。映画『WAVES』を彷彿とさせるような音楽性の高さにも注目だ。中盤でブラッド・オレンジ自身の曲”Time Will Tell”のMVを作中で主人公たちが再現するシーンも登場するなど、耳でも楽しめる作品となっている。

ストーリー

ニューヨークに住んでいたフレイザーは、母親がイタリア米軍基地へ異動になったことをきっかけに引っ越すことに。最初は新しい環境に興味がなかったが、隣に住むケイトリンと出会い共通の悩みを通して距離を近付けていく…。

キャスト&スタッフ

フレイザー
演:ジャック・ディラン・グレイザー

主人公。ニューヨークから母親の仕事の都合でイタリアへ引っ越すことに。最初は周囲となじもうとしないが…。

ケイトリン
演:ジョーダン・クリスティン・シモン

フレイザーがイタリアで出会う少女。父の仕事を手伝ったり男勝りなところがある。

サラ
演:クロエ・セヴィニー

フレイザーの母。軍隊という男社会で戦う強い女性だが、思春期の息子と折り合いが良くないことに心を痛めている。

マギー
演:アリシー・ブラガ

サラと同じ基地で従軍看護師として働くサラの妻。優しく包容力があり、息子であるフレイザーはマギーには心を開いている。

リチャード
演:キッド・カディ

ケイトリンの父。サラたちが務める基地で同じく働く兵士。ケイトリンとは良い関係を築いている。


スタッフ
監督・脚本・製作総指揮: ルカ・グァダニーノ(『君の名前で僕を呼んで』『サスペリア』)

WE ARE WHO WE ARE RADIO

 『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督のドラマデビュー作となる『僕らのままで/WE ARE WHO WE ARE』。映画・音楽ジャーナリストの宇野維正氏がホストをつとめ、ゲストとともにその魅力やみどころについて語り尽くすオリジナルポッドキャスト番組(全4回)。
WE ARE WHO WE ARE RADIO(全4回)
【ホスト】
宇野維正(映画・音楽ジャーナリスト)

【ゲスト】
第1回: 木津毅(映画・音楽ライター)
第2回: 木津毅(映画・音楽ライター)
第3回: 立田敦子(映画ジャーナリスト)
第4回: 辛酸なめ子(漫画家、コラムニスト)

著名人からの推薦コメント

まだ自分が何者かわからない、だからこそ何者にでもなれる、少年少女たちの忘れられない夏。まるで8時間の「君の名前で僕を呼んで」。いや、それ以上の至福の映像体験!
――宇野維正(映画・音楽ジャーナリスト)


“アップデート”という言葉だけは使うまいと思っていたのに、今ここで無性にその言葉を使いたくなっている。主演の子供たち、物語、撮影、編集、選曲、衣装、設定、各話で違うアヴァンタイトル…、何もかもがみずみずしく更新されていく。
――大島依提亜(グラフィックデザイナー)

生々しくて、美しい。「わたしたちの」目線が保持され、見渡せる全ての人々が物語を持つ衝撃。基地という小さな世界の中で生きること。痛みと共に熱狂せざるを得ない、まったく新しいドラマに出会ってしまった。
――今日マチ子(マンガ家)

そこにずっといる彼女らと外からやってきた彼。一夏の交流を通して自己の確立や解放に向かって進むシーンの連なりに胸が躍る。老楽した僕の感覚には眩いくらいに透明度が高く、美しい瞬間に立ち会っているような50分間が8話も続く。なんて贅沢な時間だろう。
――巽啓伍(never young beach)


揺れる。時に世界は逆さまになり、スローモーション、静止、そして残像。青春が軋み、大人が擦れ違い、家族は歪む。
彼等?彼女達?の居場所無きアイデンティティの静かな叫びが雨が降らせる。やがて朝靄のボローニア。ささやかな希望が沁みる。うん、良いです。上品な映像演出は驚きに満ち、二度とないその瞬間をフィルムに焼き付けた若者達の瑞々しさを大人達の重力が支える。優しく寄り添うこの作品、お薦めです。
――津田健次郎(声優・俳優・映画監督)

誰のものでもない、自分にしかないもの。それは自らの心にある不思議の事を言うのかもしれない。私が私自身と出会う、私の地球で一番美しい夜明けは、大切な人が与えてくれるのかもしれない。こんな偉大な作品と出会えたことが、心から嬉しいです。最高でした。
――仲野太賀(俳優)


イタリア米軍基地の優美な映像と音、そして音楽が大胆に絡み合う快作。ブラッド・オレンジが手がけるオリジナル・スコアは、10代の少年少女の多感な気持ちとアイデンティティの変化に寄り添いながら、エモーショナルに音景色を作っていく。耳からも刺激的な作品!
――蓮沼執太(音楽家・アーティスト)


セクシュアリティ、家族関係だけでなく、どの国の人にも刺さるアイデンティティ探しの物語。ルカ・グァダニーノ監督、初のシリーズは、「君の名前で僕を呼んで」に似て非なるものの、さらに心をひりつかせる。
――よしひろまさみち(映画ライター)

予告編ほか関連動画

予告編

出典: YouTube

ルカ・グァダニーノ監督インタビュー映像

出典: YouTube

記事コンテンツ

ルカ・グァダニーノ監督 プロダクションノート
監督みずらか『僕らのままで』製作秘話や、作品への想いを綴ります。
>> 記事はこちらから

ジャック・ディラン・グレイザー&ジョーダン・クリスティン・シモンへのインタビュー
ジャックは本作について「環境というバンドエイドを少しずつはがすようにして、自分のことを発見していくんだ」と語ってくれました。
>> 記事はこちらから

『僕らのままで/WE ARE WHO WE ARE』
原題:WE ARE WHO WE ARE
動画配信サービス スターチャンネルEX にて配信中!

Photo by Yannis Drakoulidis (c) 2020 Wildside Srl - Sky Italia - Small Forward Productions Srl

この記事をシェアする

関連する記事

注目のキーワード

バックナンバー