THE TUDORS~背徳の王冠~

海外ドラマ スターチャンネルEX 編集部
THE TUDORS~背徳の王冠~
16世紀イングランド王国を舞台に、国王ヘンリー8世の波乱に満ちた人生を描く衝撃作。主演のジョナサン・リース・マイヤーズに加え、映画『マン・オブ・スティール』でブレイクする前のヘンリー・カヴィルが主人公の盟友チャールズを熱演!

目次[非表示]

  1. イントロダクション
  2. ストーリー
  3. キャスト&スタッフ

イントロダクション

16世紀イングランドのチューダー朝を舞台に、国王ヘンリー8世を取り巻く波乱に満ちた宮廷模様を濃厚なラブシーンや残酷描写を交えてセンセーショナルに描いた米SHOWTIMEの衝撃作。

聡明だが冷酷にして激情型、6人の女性との結婚&離婚を繰り返したことで知られるヘンリー8世を演じるのはジョナサン・リース・マイヤーズ。主人公ヘンリー8世の盟友チャールズ・ブランドン役で映画『マン・オブ・スティール』でブレイクする前のヘンリー・カヴィルが出演。ほかにも、アン・ブーリン役をつとめる『ゲーム・オブ・スローンズ』のナタリー・ドーマー、サム・ニール、ジェレミー・ノーサム、ガブリエル・アンウォーら、映画界で活躍する豪華キャストにも要注目!

制作総指揮・脚本をつとめるのは『エリザベス』『エリザベス/ゴールデン・エイジ』のマイケル・ハースト。

ストーリー

若くて野心的なイングランド王ヘンリー8世は、フランスとの戦争を準備していたが、王の信頼の厚い側近であるウルジー枢機卿がフランスとの和平を図り、それを思いとどまる。ヘンリーと王妃キャサリンの間には世継ぎの王子がいなかったが、王妃の若く美しい侍女エリザベスが王の子を身ごもっていることを知り、王の内政は危機に瀕することになる…。

キャスト&スタッフ

ヘンリー8世
演: ジョナサン・リース=マイヤーズ
声: 綱島郷太郎

アン・ブーリン
演: ナタリー・ドーマー
声: 鍋井まき子

キャサリン・オブ・アラゴン
演: マリア・ドイル・ケネディ
声: 坪井木の実

チャールズ・ブランドン
演: ヘンリー・カヴィル
声: 伊藤健太郎

トマス・ウルジー
演: サム・ニール
声: 佐々木敏

トマス・モア
演: ジェレミー・ノーサム
声: 広瀬彰勇

トマス・ブーリン
演: ニック・ダニング
声: 巻島康一
『THE TUDORS~背徳の王冠~』
原題: THE TUDORS
動画配信サービス スターチャンネルEX にて配信中!

(c) 2007 TM Productions Limited and PA Tudors Inc. All Rights Reserved.

この記事をシェアする

関連する記事

注目のキーワード

バックナンバー