新着

【公式|80日間世界一周】

海外ドラマ スターチャンネルEX 編集部
【公式|80日間世界一周】
ジュール・ヴェルヌ作の冒険小説をデヴィッド・テナント主演で新たに映像化。英BBCで大ヒットした壮大なアドベンチャー!

目次[非表示]

  1. イントロダクション
  2. ストーリー
  3. キャスト&スタッフ
  4. 予告編ほか関連映像

“SFの父” と呼ばれるフランスの小説家ジュール・ヴェルヌが1872年に発表した空想冒険小説「八十日間世界一周」。その古典的名作をイギリスの人気俳優デヴィッド・テナント(『ドクター・フー』『ステージド 俺たちの舞台』シリーズ)主演で待望のドラマ化! 製作費約66億円を投じ、各国でのロケ撮影、最新VFXを駆使して描かれる壮大な旅は、ハラハラ・ドキドキの連続。個性豊かな3人トリオが世界を股にかけて繰り広げる大冒険は、大人も子供も楽しめること間違いなし。BBCほか世界中で大ヒットした波瀾万丈のアドベンチャーをスターチャンネルEXにて9月16日(金)より配信開始!

イントロダクション

ジュール・ヴェルヌ作の名作冒険小説を、150年の時を経て、最新VFXと新たな脚色でワクワク&ドキドキの映像化!
産業革命でさまざまな交通手段が飛躍的な発達を遂げ、“地球が小さくなった”19世紀。原作小説が世に出た1872年、たった80日間で世界を一周する大冒険の旅は、当時の感覚でも無謀な挑戦であると同時に、ひょっとしたら実現可能かもしれない、そんな半信半疑でワクワクする物語設定だったに違いない。手軽に世界中のどこへでも行くことができる今、未知の世界への憧れや、不可能に挑戦する冒険心を持つ大切さは、150年の時を経てなお、原作が持つ普遍的なメッセージとして色褪せていない。そんな時代を超えた物語を、最新のVFX映像でスケール豊かに、臨場感たっぷりに蘇らせたのが本作の見どころ。また、キャラクター設定を一新し、幅広い視聴者の共感を誘う現代的な趣向が凝らされているところにも注目だ。
『ドクター・フー』のデヴィッド・テナントが演じる新たな主人公像と、アップデートされたキャラクター設定  
主人公フィリアス・フォッグに扮するのは、人気ドラマ『ドクター・フー』や『ステージド』シリーズで知られる人気俳優デヴィッド・テナント。本作ではフォッグのバックストーリーや内面的な部分を深掘りし、旅を通して変わっていくさまをユーモラスに好演する。また、息子、タイ・テナントとの初共演も話題となった。フォッグに連れ添う従者ジャン・パスパルトゥーを『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』の新進フランス人俳優イブラヒム・コーマが演じ、原作では男性だったフィックス刑事は女性ジャーナリストへとアレンジされ、『白いリボン』のレオニー・ベネシュが男性社会で奮闘する若き女性アビゲイル・フィックスを熱演する。
製作費66億円、3000人のクルーを擁して再現された、19世紀の世界と壮大なアドベンチャー! 
コロナ禍のさなか、ロックダウンによる約8カ月の中断を経て、南アフリカとルーマニアでのロケ撮影と最新VFXを駆使して製作された本作は、約4000万ポンド(約66億円)の製作費と、総勢約3000人のスタッフの手によって完成された。同原作を映画化した『80デイズ』(2004)で美術監督を務めたプロダクション・デザイナーが、3人が旅する世界の国々を見事なセットで再現。ルーマニアに再現されたNYのセットには建設に2カ月を費やし、また、出演者たちが臨場感を感じられるよう、訪れる国々の香りまで用意したという拘りぶり。
映画音楽の巨匠ハンス・ジマーによるドラマティックな楽曲がストーリーを盛り上げる
1956年の映画版のテーマ曲はアカデミー賞を受賞した映画音楽の不朽の名曲だ。そしてこのドラマ版のオリジナル・スコアは、『ライオン・キング』『DUNE/デューン 砂の惑星』でアカデミー賞作曲賞を受賞し、『トップガン マーヴェリック』でも音楽を担当した巨匠ハンス・ジマーが手掛けている。幼少期に読んで以来、この原作小説の大ファンだという彼は、本作の脚本を気に入り、プロデューサー陣と作品のテーマを話し合い、撮影が始まる前からテーマ曲の作曲を始めたという。そうして誕生した楽曲がどのように3人の冒険を盛り上げているか、ぜひ耳でも確かめてみよう。
Rotten Tomatoes 81%、IMDb 7.1点、世界中で高評価、早くもシーズン2決定!
2021年10月カンヌ国際映画祭でプレミア上映された後、12月に英BBCを始めとするヨーロッパ各国で放送・配信開始、翌1月に北米で公開されるやRotten Tomatoesで81%、IMDb 7.1点の高評価を獲得!イギリスで放送が始まる前にシーズン2の製作が発表された。

ストーリー

1872年10月のとある日、ロンドンの資産家フィリアス・フォッグが所属する紳士社交クラブ「改革クラブ」で、80日間で世界一周することが理論的に可能になったという新聞記事が話題になる。自分が“臆病者”ではないことを証明するため、フォッグは自ら実行してみせると豪語し、2万ポンドの大金を賭け、従者パスパルトゥーと共に出発する。妙な成り行きから、女性ジャーナリストのフィックスが同行することになり、3人の一行はドーバー海峡を渡って一路パリへ。果たしてフォッグたちは80日後のクリスマスイブまでにロンドンに戻ることができるのか―?!

キャスト&スタッフ

フィリアス・フォッグ
演:デヴィッド・テナント

ロンドンに住む資産家で紳士社交クラブ「改革クラブ」のメンバー。“臆病者”ではないことを証明しようと、80日間で世界を一周する大冒険の旅に挑戦する。
ジャン・パスパルトゥー
演:イブラヒム・コーマ
「改革クラブ」で給仕係として働いていたフランス人。急遽フォッグの従者として旅に同行することになる。
アビゲイル・フィックス
演:レオニー・ベネシュ
デイリー・テレグラフ紙の女性ジャーナリスト。フォッグの旅をリポートするため同行する、ガッツ溢れる女性。
バーナード・フォーテスキュー
演:ジェイソン・ワトキンス
「改革クラブ」のメンバーでフォッグの親友。 アビゲイルの父親でデイリー・テレグラフ紙の経営者兼編集長。
ナイル・ベラミー
演:ピーター・サリヴァン
「改革クラブ」のメンバーでフォッグとフォーテスキューの学友。フォッグを世間知らずの臆病者と見下している。
トーマス・ニードリング
演:アンソニー・フラナガン
ベラミーの戦友で流れ者。ベラミーに雇われフォッグの旅を妨害しようと暗躍する。
スタッフ
製作総指揮・脚本・クリエーター:アシュレイ・ファロア (『時空刑事1973 LIFE ON MARS』)
監督:スティーヴ・バロン(『コーンヘッズ』)
音楽:ハンス・ジマー(『 DUNE/デューン 砂の惑星』)

予告編ほか関連映像

ティザー予告

出典: YouTube

『80日間世界一周』
原題:AROUND THE WORLD IN 80 DAYS
画配信サービス スターチャンネルEX にて9月16日(金)より配信スタート!

Joe Alblas / Design by TEA Entertain | © Slim 80 Days / Federation Entertainment / Peu Communications / ZDF / Be-FILMS / RTBF (Télévision belge)– 2021

この記事をシェアする

関連する記事

注目のキーワード

バックナンバー